2005年07月06日

お腹いっぱい3

近くに住む30年来の友と久しぶりに会い、お昼を食べに行く。

いいお店があるの、という友の案内で、20分ほど車を走らせ寿司店へ。

 11時過ぎたばかりというのに、店内は混雑していた。席に着いて納得。

 1050円で、握り寿司、そして野菜盛だくさんの、けんちんと汁と、デザートがつき、コーヒータイムまでついている。 回転寿司ではなく、ごく普通のお寿司やさん。違うといえば、すごく広いということ。

運ばれてくるまで時間がかかったけど、食べてみれば....

、「ゥゥ、おいしい」 ああ、このお店がフラメンコ教室の近くにあったら、どんなにいいだろう。

へとへとになりお腹もすいているレッスンのあとに、この安価で贅沢なお昼ご飯をたべられたら、と真剣に思ったのでした。

 そしてパクつきながらお互いの近況報告。

この友は優しいことを言ってくれた。

 「あなた、私達は、もう動けなくなる日が、いつ、来るか判らないんだから、今のうちに、うんとやっておきなさいよ」と。

もちろんフラメンコのことです。

私は心の中で、私は年下よ、そんな歳ではなーい、と叫びたかった。 ......

でも、待て。 確か三歳しか違わなかった。

「そうね、明日はわからないものねえ」素直に頷き返しました。



ayame1999 at 23:42│ あれやこれや