2005年07月08日

悔しい

フラメンコのプライベートレッスン。この大事な日に

昨夜無理をして超重たいものを持った為に、腕を痛めてしまった。

だから、ううーん、腕があがらない。

でも、手足の一本ぐらい痛めたって、あの素晴らしいレッスンを休むわけにはいかないのだ。

先生は、優しく「大丈夫?」と声をかけてくれる。

「はい、」返事だけは元気に答える。

心の中では、ああ、なさけなや。 せっかく新しい振り付けに入ったのに、満足に踊れず、悲しくてならなかった。

しかしせめて先生のお見本だけでも観られたのだから、良し、としなければ。



ayame1999 at 20:14│ フラメンコ