2012年11月16日

その背中..。

                   「もなかのフラメンコ」
木曜日のレッスン後。
「あ〜疲れたナー」
と思いながらも久しぶりに自習。

個人レッスンにしろ群舞にしろ、録音したものを後から確かめると、

『どうして、こんなに同じことを繰り替えし教えてもらっているのに、あの時、出来なかったんだろう』
聴きながら呆れてしまうこと多々。

よし、今度こそ、ちゃんと覚えた。
と思ったら、またまた、自分でアレンジしてしまい別のものになってしまっていたり。

まるでミステリーのような境地に陥ってしまう。

という事で、せっかくの自習の時間を取ったので、耳だけで確認するのではなく、今度は自分の姿をビデオで撮ることにした。

タブレットの中にビデオの機能がある。
私はカバンから取り出し、丁度いい角度になるようにセット。
ちょっと前だったらビデオを用意したもの。
今は、便利だ。

終了後。
へとへとに疲れた身体を引きずり、近くのカフェにたどり着いた私。

遅い昼食をまずお腹の中に入れると、撮ったばかりのビデオを開く。

『おかしいな〜、もっときれいにステップを踏んでいたと思っていたのに..』
『おかしいな〜、腕が...』
『おかしいな〜、音程が...』
『あー、おかしいな、おかしいな』
首を傾げた回数は何度あったことか。

どうしてビデオには嫌な所ばかり映っているんだろう。

でも、すぐに思い返した。
ダメ出しばかりで正解なんだと。
だから、楽しいともいえる。

毎回撮って見るのはきついものがある。
でも、客観的に自分の後ろ姿を見つめる事は、いいかも。
背中の姿。

自習の時、これからも、たまにでいいから撮ってみようと思った。

でも、心がけておかなくてはいけないことがある。
発表会後に観るDVDと同じ。
反省ばかり。
必要以上にがっかりして、自信を失ってしまわないように、くれぐれも気を付けなければいけない。
           「本の感想、ホームページに更新しました」
『背中より 私の気持ち 撮してね』



ayame1999 at 14:36│ フラメンコ