2013年05月10日

心配なしで届くのは..すごいこと。第710編

過ぎてしまえば、連休なんて、あっという間だった。
私にとって超忙しい日々だけど、楽しい時間には変わりない。
ということで、尚更、早く過ぎてしまった数日間なのだろう。

さて、届けば当然のように品を受け取っている宅急便。
考えてみれば、安全に確実に届くなんてすごい事だなー、と改めて感心してしまった。

ニュースを見たのは先週だったろうか。

イタリアの空港(勘違いで別の国だったら、ゴメンナサイ)。
空港で荷物を預けたスーツケースが、着陸後受け取る時には、中身が盗まれてしまう事件が何年も続いていたという。
隠しカメラを付けたところ、職員がスーツケースをこじ開け、中身を抜き取っていた光景が映っていた。

驚くべきスピード。
まるで流れ作業のように次々と開けては、抜き取っていく。
その映像が公開され、ニュースに流れたのだ。
そして何人もの空港職員が逮捕された。

話しは戻り、連休期間。
気仙沼から、開口になったからウニを送ると連絡が入った。
漁師の何か決まりごとがあるのだろう。
決められた日にウニをとっていいとのことだ。

あのトゲがたくさんある殻を開くのは大変な事。
塩水で洗わなくてはいけない。
お店で売っているようにきれに並べるには技術がいる。

有難いことだ。
以前、音をあげた事があったから、中身だけを送ってくれるとのこと。

そして、翌日の午前中には無事に我が家に届いた。

『これってすごいことなんだなあ...』

時間帯指定も出来、留守をすればまた届けてくれる。
そして、まさに、前日海にあったものが、翌日には届けられる。

何てスピーディーなんだ!

宅急便のおかげて新商売がたくさん生まれたのだから、すごい影響がある事は判っている。

でも、あの映像を見たからだろう。
何ひとつ心配することなく届くという事に、
「助かってるよー」
と労いたい心境。

「連休だから、道も混んでいたでしょうね...この時期は大変ね」
なんて、いつもより言葉を多くかけてしまった。

今、その宅急便の会社を興した方の本を読んでいるところ。
読みおえたら、ぜひ、感想を久し振りに書きたい。



ayame1999 at 02:02│ あれやこれや