2013年08月09日

一瞬を...。

          「もなかのフラメンコ&あれやこれや」
四日の日曜日、私が習っているフラメンコ教室の舞台が三鷹であった。
「BAYS」
鍵田真由美.佐藤浩希フラメンコ教室の舞台。
BAYSの意味は、フラメンコ舞踊団ARTE Y SOLERA( アルテイソレラ)の作品のベスト.オブコレクションだそうだ。

「見逃さない方がいいと思うよ」
ほしい品を我慢してあとで買いに行っても手遅れの時がある。
「それと同じだと思うよ」
当日の朝、私は家族にそんな事を言って、家を出てきた。

私は仲間と一緒に三鷹駅から会場向かう為にバスに乗り込む。
「あれ?」
曖昧な返事していたのに...。
何と同じバスに乗っているではないか!

よりによって同じバスに乗るなんて..。

私のは確保済みだけど、もう一人分のチケットを、当日券で求め入場。
帰宅したら感想を聞こうと思っていたけれど、終わると会場を出る前にたくさん感想をもらった。

「ほらね、私の言った通りだったでしょ」
それでは、さようなら...。
私は仲間と一緒に。

一瞬一瞬の延長の素晴らしい舞台。
観てもらえてよかったー。

さて、本日(木曜日)電車に乗ると、突然私の携帯が飛び上がらんばかりに震えだした。
エリアメールで、緊急地震速報。
奈良県沖で地震発生、強い揺れに注意、とあった。

私は身構える。
何かがあれば、すぐに逃げられるように。
結局、後で誤報と発表された。

でも、よかった、よかった。
また忘れかけていた恐怖心が本物にならなくて。
その証拠に、携帯やスマートフォンを覗き込んでいた他の乗客達の表情がとても固かった。
私と同じように悲惨な記憶が蘇っていたに違いない。
機械のことだ。
完全ということはない。
反対に肝心な時に作動しないでは、困るけれど...。
予行演習と思えばいい。

意味合いが違っても、このエリアメールも、一瞬一瞬の勝負だ。。
どう対処するかで、自分を生かすか、失くすかに別れてしまう。

そうだ!

今は街のいたる所に設置しているモニターカメラ。
初期は、プライバシー侵害だと設置するのを反対する人がたくさんいた。
今は、犯罪が起きると
「カメラをどうして設置していなかったのだろう......」
に変わった。
一瞬、一瞬を見逃さないカメラ様様という感じがしている自分だ。

ああ、また今日も書きたいことがあちらこちらに飛んでしまった。

最後にもう一つの一瞬を。

前記した「BAYS」にも参加していた、以前クラスでお世話になっていた矢野吉峰先生の教室の発表会が11日の日曜日昼間にある。
場所は新宿のエル.フラメンコ。

知っている人も踊るので楽しみ。
今年も私の教室の発表会に足を運んでくれた人もいるのだから、今度は会場で拍手を送るのは私の番だ。

楽しみだなー。



ayame1999 at 01:04│