2013年12月16日

それでは恒例のチャチャチャ..。

        「もなかのマンドリン」
う〜ん、やっぱり...。
私の一年365日は確かに短くなっている。

日曜日は地域のマンドリンクラブの練習を終えると、その足で駅前に移動し忘年会。
毎年のことだけど、
「またこの時期に来てしまったわね」
同じ言葉が飛び交う。

ある人の言った
「自分は平成元年に、ここに入ったから25年経ちました...」
と言っていた言葉。
まだお仕事が忙しい年齢、それなのに、よく入ってくれたわよね、..と皆と喜んだ記憶は、ついこの間だった気がする。
特に男性の場合は、日曜日に皆と演奏することは仕事を忘れて息抜きの場になっていたに違いない。

月日の経つのは、あっという間だ。

最後は、会長さんによる閉会の〆。
恒例のピアノ、メゾピアノ、フォルテ、メゾフォルテと徐々に指の本数が増えていき、チャチャチャの声と共に、手拍子の音も大きくなっていく。
毎年、恒例のこの〆を聴くと、本当に今年も終わりになるんだな、という気持でいっぱいだ。

来週は東京のクラブも練習を早く終えて忘年会。
いつもフラメンコを優先している自分。
一年の最後ぐらいはお礼の意味も含めて、出席しなくては。

さて他の事も師走になるとやってくる行事のようなものがある。
私も世間の人と同じ。
クリスマスなど幾つか過ぎ去ると、いよいよ今年も本当の終わりになる。
寂しいような。
新たな年を前にして仄かな希望が湧いてきたり。

まずは、皆と一緒に恒例の声を聞きながら、景気よく〆る事が出来た事を喜ぼう。

ayame1999 at 20:39│ マンドリン