フラメンコ

2013年12月26日

薄化粧の街路樹。

            「もなかのフラメンコ」
高層ビルの窓の明かりは、ネオンが輝いているよう。
街路樹もネオンでお化粧している。
でも、その明かりは、けしてどぎつくなく、しっとりと落ち着いている。
ふと、立ち止まった私。
「こんな薄化粧の街路樹みたいになれたらいいなあ..」
行き交う人とぶつかることもない広い歩道は、感傷的になる時間を許してくれる。

25日。
私は、クリスマスディナーショーが開かれる新宿のホテルを目指して歩いていった。
今年は私を含め、4人。

会場に到着。
冷たい空気が頬を包んでいたのに、席に着くと暖かい熱気が包んでくれた。
そして毎年のごとく同じ思いにかられていった。
「ああ、無事に今年も来れたんだナー」
全ての意味を含め、有り難く感無量だ。

一年なんてあっという間...。
でも、季節だけでも、確かに桜を見上げたし、梅雨の時期もあった。
熱中症の注意が叫ばれた猛暑の夏も過ごしたはず。
竜巻や雷も暴れた。
ちゃんと四季は私の上を通り過ぎて行っていた事に気付かされる。

思い出としては、フラメンコなら、発表会に向かって練習にあけくれそして本番を無事に終えたし、サラアンダルーサのライブだってあった。
そうそう、フラメンコ以外の事だって。
そしてまさに今だって、振り付けを覚えるのに必死になっているし、他の事でも覚えようともがきながら向かっていることだってある。
いい思いでだけではない。
文字に書かない、あれだってこれだって..。

あれあれ!?
今気がついた事だけど、それらの事をすぐに忘れてしまうから、もしかしたら一年なんてあっという間に..と思ってしまうのかな...。

さてさて、今年も目をつぶって一人自分の胸の中に囁いた。
叶うなら、どうかまた来年もあの薄化粧の街路樹を見上げながら、この場所に来る事が出来ますように。
「乾杯」
カチン。
カチ。
私は一緒に来た友のグラスに、そっとそっと自分のグラスを合わせた。


ayame1999 at 01:18|Permalink

2013年10月31日

寒いけれど、気持ちは「ぽっ」..第740

せっかく覚えたカンテ、すっかり唄わなくなってしまいどんどん忘れていく。
そんな私を叱咤してくれるかのように、友人が
「練習をしよう」
と、付き合ってくれた。

そうなのだ!
あの雑踏の中で劇的に出会った人(9月25日のブログにて記)と今日は新宿まで出て行き、カラオケ店へ、ゴー。

マイクを使わないのはもちろんのこと、画面のボリュームも切り、
ひたすらパルマだけで、交代に唄った。
恥ずかしいくらい長い時間唄っていたことになる。
数ケ月に一度でいい。
こんな時間が定期的に持てたらどんなに楽しいだろう。

感謝、感謝。

さて、最近の私は別な事で時間に取られていた。
約、十年ほど前から胸に秘め、夢にみていた事がある。
それが叶ったのだ。
スペイン語で唄うこと、楽器を弾く事、朗読すること(注:マンドリン舞台で朗読させてもらったり、自分のブログを読んでいたくらい..。))
この三つを続けてきたからこそ、実現出来た事。

「何か..」
は具体的に書かないけれど、一つでも欠けると叶わなかった事だ。
ただ好きで続けてきた。
それが何一つ、無駄なものはなかったという事を思い知らされた。

まるで終着駅に着く為に、今まで新幹線に乗ったり、飛行機に乗ったり、路線バスに乗ったりして、やっと到着出来たと思える昨今の心境だ。

ところで、フラメンコは何の乗りものに例えられるだろう..。
即答。
乗り物は必要ない徒歩。
「自分の足」
だ。

レッスンの時間の日々が確かに歩んできた時間。
無性に喜びの時間。
もちろんステップを踏むから足ではない。
確かに自分で歩いた貴重な時間だからだ。

これからも足を止めることはしたくない。
踊りに限らず、今回のように一緒にカンテを唄おうと、復習の機会を作ってくれる人がいるのだもの。
益々時間に制約されるけれど、工夫しながら、歩いていこう。

いつのまにか、すっかり寒くなってしまった。
でも、私の気持ちは
「ぽっ」
あたたかい。


ayame1999 at 00:47|Permalink

2013年10月21日

わーい、終わったね...。

10月20日を目標に練習してきた日々。
恵比寿サラアンダルーサにてのフラメンコ教室の「フィェスタ」ライブが終了した。

私のように悔いが残る人。
普段より上出来だった人。
まあまあだった人。
各々の気持ちがいっぱい。

でも、過去は振り返らず、
「ワーイ、やったね」
とまずは自分で自分を労らい、
続いて、お世話になった諸先生方。
ミュージュシャンの方々。
一緒に出演した仲間や、姿はその場にないけれど、観に来てくれたお客様達に、心を込めて
「あ.り.が.と.う.」
と全員で大きな声で言い
「乾杯〜」
とグラスを寄せ合った、打ち上げ会。

まあ、本番を思い起こすといろいな思いがあるけれど...。

雨が降り、冷え冷えとした中をわざわざ来てくれた人達のことを思うと、愚痴なんて言えるわけがない。
「精一杯やったよー」
真実のこの言葉有るのみだ。


ayame1999 at 02:05|Permalink

2013年09月16日

そうだ!清水に行こう...。

             「もなかのフラメンコ」
土曜日、静岡の清水での舞台。
「フラメンコ曽根崎心中」があった。
ずいぶんぎりぎりになってから決めたのだけど、結局最後は希望通り行く事が出来て
「ヤッタネー」

さてさて、舞台も終わったカーテンコールの場面。
おどいた、おどろいた。

熱気の渦は私まで回し始めた。
私は立ちあがり、踊り出していた。
横を向くと、一緒に行った仲間も立ちあがって、フラメンコのポーズや、両手を大きくあげ、左右に振って、踊っている。

私は階下を覗き込んだ。
「キャー」
実況中継のように書きたいけれど、長くなるので我慢。

楽しい楽しい。
「もっと踊っていたいよー」
という気持ちを抑えつつ、会場を出てきたのだった。

さて、ここからは時計の針を逆に戻す。

日帰りで充分な場所。
でも、せっかく行ったのだから、この時間を有意義に過ごしたい。
プチ旅に行こう。
開演までの4時間ちょっとある。
(神の道:携帯撮)kami
話はすぐにまとまった。
「三保の松原に行こう」
世界遺産の富士山を眺められる最高の場所。                   
まるで私達を待っていてくれたかのようにバスが停車していた。

清水駅からバスで20分程で到着。
砂浜に向かう途中、松並木「神の道」を歩いて砂浜へ。

いよいよ、絶景をと思ったら、
「あ〜ん、雲がかかっちゃったよー」
路地の間から見えていた富士山だったのに..。

意地悪な雲と言った方がいいのか。
台風前なのに、曇り空からお日様まで顔を出してくれ、有難うと言ったほうがいいのか。

ついでに足を延ばして東海大学の水族館へも行く。
こちらも、都会の水族館と違い静かでいい時間を過ごせた。

「清水の次郎長の生家にも行きたいねー」
清水の人と言葉を交わした時、次郎長はあの時代で72歳まで生きていたんですからねえ、と誇らしげに言っていたのを思い出す。
でも、次回の機会まで、とっておこう。

再び、路線バスに揺られ清水駅に戻った。
車窓からの風景は港も近く、情緒がある。

駅前で夕食を済ませる。
昼過ぎに我が家の玄関を出てきたなんて思えないほど、長い時間が過ぎた気がする。

「開演までは、まだ早いけれど、そろそろ行こうか」
ここまでは順調だった。

「....」
前方のホールのガラス張りから、人の気配がしない。
厭な予感。
「キャー」
30分、間違えていた。
滑り込みセーフでドアを開けてくれた。

「見えないよー」
座席の番号が判らない。
別の人の席に座ってしまい、這いずるように移動。
何しろ普段からレッスンで鍛えている身体だから、音をたてず抜き足差し足が得意だ。

結局、自分達の席は、
『こんな大きなホールで一番後ろなんて!』
仕方ない。
ぎりぎりになってチケットぴあに申し込んだのだから。

顔はもちろん、表情なんてまるっきり見えない。
でも心配無用。
充分に伝わってきて、集中して観る事が出来た。
そして本当に生の舞台って面白い。
その都度違うのだから。

同じ演目を、それも大好きな演目を様々な席で経験する事が出来るなんて、こんな贅沢なことはない。

そして、私は気付いたのだ。
ここは、特等席だった事を。

余韻を残して終了した舞台。
続いて熱気いっぱいのカーテンコール。
後ろには人がいないのだ。
ということで、目いっぱい、マノを回したり、手を上げたり。
いやはや、この席の虜になりそうな気がしてきた。

ayame1999 at 16:36|Permalink

2013年08月26日

2013フラメンコ新人公演

               「もなかのフラメンコ」
「行かなくっちゃ」
土曜日までは、家にいなくてはいけない状況だった。
でも、何とか頼みこんで出発。
目的地はフラメンコ新人公演の舞台、中野ゼロホールへ...。
遅刻だけど、私一人分だけの席なので、わりといい席をすぐに見つけることが出来てほっとした。

毎年の事ながら、皆一生懸命に舞台に立っている姿を観ると、何ともいえないすがすがしさを感じる。

終えて出口に向かうと、あの人の顔、この人の顔と出会う。
駆け込むように会場に来た自分故、喉がカラカラだ。
「コーヒーをご一緒に...」
と数人でカフェへ。
ここまでは、身体が軽かった。

電車に乗った途端、何だか、だるくてしかたない。
「おかしいナー」
家に到着し体温計を計ったら高熱が出ていた。

振り返ってみると、この二週間、本当に目まぐるしい日々が続いていた。
大好きなフラメンコを踊っている時は平気だけど、慣れない事で振り回されると、たちまち疲れてダウン。
身体は正直なものだ。


寝て寝て、寝まくろう。
せめてあと一回、中野の舞台にまた行きたい。
これでもか、というくらい寝続けた。

結果、三日目、会場に行く事が出来た。
最初はカンテだった。
ずいぶん出場する人が多くなったな、と思った。
私の記憶では以前はカンテ部門では今のような大勢ではなかった気がする。
踊りもカンテも、いろいろな意味で、観客席に座っていると勉強になる。

『無理をしてはいけないよ!』
会場についた時から、ずっと内なる自分の声が聞こえ続けていた。
あともう少しだけいたい。
その想いで座っていたけれど...。

申し訳ないけれど途中で失礼...という気持を椅子の上に置く。
私はひっそりと会場をあとにした。
『熱、またぶりかえしていないかなー』
駅に向かいながら、額に掌を当てる。

自分でも変な性格だと思う。
家族に止められたのに、一端決めたことは、やっぱり実行したいと思いじっとしていられないのだ。

でも、やっぱり行って良かった。
帰宅してからすぐにまたまた寝たから、今日はとても爽やか。
いやいや、舞台からもらったプラスの空気が、私にちゃんと届いたおかげもあって、元気になれたに違いない。。
おまけに、疲れの原因である忙しさも、やっと土曜日で終了したし..。

題した「2013フラメンコ新人公演」の結果を先程知った。

毎年のごとく嬉しくなったり、残念に思ったり。
当事者でないから、お気楽とお叱りを受けてしまうかもしれないけれど..。
今年も、私はたくさんの拍手を送りたいナー。
いや、送った。


ayame1999 at 14:31|Permalink

2013年06月07日

呼吸が聞こえる...。

                   「もなかのフラメンコ」
先週、フラメンコの踊りで表現する「赤いろうそくと人魚」を観てきた。
1921年頃に童話作家、小川未明が書いた作品だ。

大正とは、どんな時代だったのだろう。
テレビで時代劇を観ているから、遥か昔の方が何となく想像がつく。
明治だって同じ。
でも、大正時代って、まったく私には想像がつかない。

その時代に書かれた童話。
昔も今も、人間に警笛を鳴らす事は、ずっと続いているのだな、と思った。

人間の都合のいいように、自然を破壊している現実。
地球が温暖化で大変なことになると叫ばれ、このままではいけないと、判っていても、さほど深刻に考えたことがない自分。

そして、コロコロと変わってしまう人の心。
全ての人ではないけれど、人とはそういうもの..なんて、何処か突き放した見方も持っている自分。

今回の作品を観て、そういうあえて触れたくないという気持ちと、真っ正面から向き合った。

作品の詳細はここに記することはしない。

ただひとこと、明るい微笑み、美しい踊りと音色は、悲しみややるせなさが、より深く伝わってくるものだな、と感じた。

ピアノ、バイオリン、チェロ、ギター、そして朗読の中でのフラメンコの踊り。

初回の時とまた別に生まれ変わった作品。

羨ましいな〜。
時を経ても、ちゃんと生きかえるなんて..。

私は耳を澄ます。
「.......」
かすかに聞こえてくる。
作家、小川未明が残した作品の中の人魚、もしかしたら、また生き返って泳いでいるかもしれないな。

さて、素晴らしい作品を目にした先週、私はもう一つの音色を聴きに足を運んだ。
                         つづく。

ayame1999 at 01:23|Permalink

2013年05月29日

お米粒ほどの時間だけ..。

         「もなかのマンドリン&フラメンコ」
日曜日、東京にて月に一度参加しているクラブのマンドリン練習日だった。

まず最初に新しい楽譜が配られた。
一度演奏し終えると、マンドリンやフルート、そしてギターパートの方達から、何小節目の何々の音符は別の音ではないかと質問が出た。

それに対して指揮者の方は、即座に回答し、更に新たな指示も出す。

「すごいなあ」
やりとりを見ていて、敬服するばかり。

自分は疑問に感じる耳を持っていない。
ただただ、必死に楽譜を追うだけで、精いっぱいだ。
ちょっと情けなくなった。

さて、舞台が近づくと、夜、音を消す為に弦にハンカチを挟み、マンドリンの練習を続けていた自分。
終わってしまえば、その習慣は無くなってしまった。

その代わり、最近、夜はギターをケースから出す回数が増えた。

去年あたりからギターだけの音色を聴く機会が頻繁にあった。
その音色は同じギターでも私には弾く事が出来ないジャンル。
でも、心地良い音色には違いない。

だからだろう。
無性に弾きたくなってしまった。

十年程前に求めた大事なフラメンコギターで、簡単な簡単な昔の曲を、小さな音でポツリと唄いながら弾く。

でも、もったいないというか...。
大事なギターでピックを使用したくない。

というわけで、思い切って
「エイッ」
アコースティックギターをオークションで見つけ落札。
驚くほどの安価。
届いてみれば、値段に負けず、なかなかいい。

嬉しくて、夜になると、いそいそと腕に抱えるようになった。
まるで夜のデートみたいだ。

「何をやっているの!そんなことよりも、弾けなかった新しいマンドリンの曲を練習しなさい!」
内なる声が、ふつふつと聞こえてくる。
でも、一曲をたった一度しか弾かず終えること度々。

お米つぶほどの時間。
そう、びくびくすることもないだろう。

あつ、そうだっ〜!

明後日の木曜から土曜日まで、童話作家の小川未明作
「赤いろうそくと人魚」
を、お教室の先生や舞踊団の方達が、朗読に、チェロ、バイオリン、ピアノが入ったなかで、フラメンコの踊りで表現する。
以前観たことがある。
でも、更に新たに生まれ変わった作品とのこと。

踊りはもちろんだけど、演奏を聴くのも楽しみ。
もっと細かくいえば、私の場合は、やっぱり弦楽器かなあ。

場所:代々木上原 MUSICASA
5月30日木曜:18:30開場 19:00開演
5月31日金曜:13:30開場 14:00開演
5月31日金曜:18:30開場 19:00開演
6月 1日土曜:13:30開場 14:00開演
6月 1日土曜:16:30開場 17:00開演



ayame1999 at 00:35|Permalink

2013年05月19日

本のタイトルのように..。

           「もなかのフラメンコ」
フラメンコのお教室に通うようになって何年が経つのだろう。

無理はせず。
でも、思いっきり後悔なく、ひたむきに。
そんな反対の二つの言葉を繰り返しながらきたように思う。

さて、これまで一度も参加したことのなかったクラスでレッスンを受けてきた。
先週と今日、即ち日付は変わってしまったけれど、土曜日に。
通常は、出れないクラス。
でも、今月まではオッケーとの事。

よし、今回こそ!
勇気をふるって。

足の組合せのステップの順番を覚えるのに、私の頭はフル回転。
『でも、楽しいね』
無我夢中で踊っている時間っていいなあ。

もちろん、いつも出席しているクラスでだって同じ。
でも、自分にとって未知なる挑戦だから嬉しいのだ。

そう云えば最近、予備校講師の方が書いた
いつやるか? 今でしょ!」
という本のタイトルが話題になっているようだ。

私の場合は、好きな言葉として、
「今を大切に」
を左に記してあるけれど、意味合いが違う。

今回の場合は、話題の本のタイトル通りの気持ちといっていい。

さて、あまり時間がなくて本の感想は書けないけれど、何が何でも書きたかった
「宅急便」
についての本の感想を先程書き終えた。

よろしかったら、どうぞ、ホームページの方へ

ayame1999 at 02:05|Permalink

2013年04月28日

気付かないうちに深く..深く。

長年の間、牛乳を配達してくれていた店主が亡くなった。

数ヶ月前に店を閉めることに決まったとき、私は支払いを済ます為、店を訪れた。
「長い間ご苦労様でした」
と、店の夫妻に声をかけると、これでやっとゆっくり出来るという安堵感の表情が返ってきた。
あの時の、明るさいっぱいの顔がはっきりと浮かんでくる。

神様は意地悪だ。
やっと休めると喜んでいた人を病に突然引き込んでしまうなんて。

夜明け前。
眠りが浅い時、枕元に響いてくる軽トラックのエンジン音で目を覚ましてしまった事が何度もある。

布団の中でじっと、次に聞こえてくる音を待つ自分。
「バタンッ」
ドアをしめる音。
次は、遠ざかっていく車。

一連の音が聞こえなくなるまで、特に冬の時期には、寒さを思い出さぬよう顔を布団の中に埋めた。

或る時は
「こんなに朝早くから、◎◎さんは今日も頑張っているんだなー...」
と、やる気を起こさせてもらったり。
或る時は
「あー、エンジン切ってくれればいいのになあ...」
と、うるさく思ってしまったり。
自分のその時の心次第で、感じ方が違う。
鏡のように心の中を映し出す。

気が付かなかったけれど、夜明け前に牛乳を届けてくれた車の音が、歴史を刻み込むように、こんなにも深く深く食い込んでいたなんて...。

さてさて、ちよっとしんみりしてしまった私だけど、とても晴れやかにしてくれた事もある。
代々木上原で観た、お世話になっている講師先生の初リサイタルと、鼓堂×FLAMENCOの二種類に続き、加えて題して、
「直球フラメンコ」を観てきた。

チラシには怒濤の..と書いてあった。
でも、静かに静かに胸の中に食い込んでいる。

直球とは、野球の球筋かなあ。
ゴルフでクラブを振った時の球筋かなあ。
どちらにせよ、けして怒濤の激しさで流されぬように、深く深く胸の中に入った次第だ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆
 「直球フラメンコ」
カンテ:マヌエル.デ.ラ.マレーナ
     ホセ.ガルベス
ギター:マレーナ.イーホ
     斉藤 誠
踊 り :鍵田真由美、佐藤浩希
     矢野   吉峰、 柏麻美子



ayame1999 at 01:53|Permalink

2013年04月17日

もどかしくて...。

               「もなかのフラメンコ」
発表会の前のことだ。
見ず知らずの寝ている老人に、私は
「寒いでしょ」
と、どんどん毛布を被せていく。
「重たいから厭だと」
と払いのけるのに、
「イヤイヤ、寒いはず」
更に被せる。
悲鳴をあげられて私は目を覚ました。

夢だった。
ベッドから毛布も布団も落ちていた。
寒かったのは自分自身だった。

『ヤバイナー』
もしもこれが原因で風邪でもひいてしまったら..。

でも、無事に発表会で踊り終え、安堵。
そして、
「ワーイ、行けてよかったー」
日頃お世話になっているフラメンコ教室の講師先生の初リサイタルにも行けた。

舞台に限らず素晴らしいものを目にした時の共通点。
ふつふつと込み上げてくる言葉では表せない充実感が押し寄せてくる。

発表会前から、
『絶対に倒れてなるものか』
と気が張っていたに違いない。
帰宅し、リサイタルも見逃さずに済んでよかった、と安堵した途端、ダウンしてしまった。
高熱。
人間こんなにも寝続けられるのかと驚く程、数日間寝続けた。

考えてみれば毎年、梅雨の時期と桜の咲く頃は高熱やトラブルに襲われる。
でも、それを乗り越えれば、こうして元気になる。
まあ、自分の一年の間の竹の節みたいなものなのだろう画像 051
画像 053
講師先生の初リサイタルのチラシやプログラムに
「あぜ道」と題されていた。

ふと考えた。
私の道はどんな道だったのかな...と。

哀しいかな。
未来ある若者と違い、進んでいく道ではなく、通ってきた道しか思い浮かばない。

もちろん、フラメンコだけでなく....。

海に続く道を歩き続ければ溺れてしまう。
山の頂上を目指す登山道は、体力に自身がなく挑戦しなかった。
かといって、整備された大通りだけ歩いてきたのではない。

「ひたすらに、もどかしいけれど、ひたすらに.」
普通の路地を淡々と歩いてきただけの気がする。
でも、思う。
何事も、長く続けるということは、難しいこと。

振り返えれば確かに長い道もある。
だから、だから、
「ひたすらに...今まで通りにいこう」
再確認した。
画像 052画像 054最後になってしまったけれど、今週はシリーズとなったデスヌードで
「鼓堂×FLAMENCO」
「直球フラメンコ!!!」
がある。
さっそく昨日は、鼓堂との舞台を満喫してきた。

「どうしたらいいの....」
踊りの時はオレーでいいけれど、日本語で絶賛の言葉をかけたかった。
でも、何といっていいのか判らない。
もどかしい。
もどかしくてもどかしくて!

でも、改めて知る。
いい意味のもどかしさって、こんなに心地良いものだったとは...。

ayame1999 at 17:10|Permalink